カテゴリー
AT小型二輪免許取得への道

2.教習所に入校

AT限定小型自動二輪免許を取るために、教習所に入校した時の話。

教習所に行って入校手続き

教習所に行くことに決めたはいいが、どこに行けばいいのか?そもそも家や職場の近くに教習所がない。ネットでAT小型二輪免許を取れる所を検索したら、最も近い所でも結構遠い。あまり遠いと通えないので、自動的に最寄りのコヤマドライビングスクール二子玉川校に決定。近いといっても家から10km以上ある。

事前にネットで情報を確認してみた。料金が載っていたのでどれくらい用意すればいいかの目安になった。ネットからも事前入校申込をできるようになっていたので、申し込んだ。あとは直接教習所に行って申込手続きをすれば教習スタートだ。

思わぬ誤算

後日、入校手続きを行うため教習所まで行った。「もしかしたらこの後すぐ乗れたりするのかしら?」などと浮かれて(後に大甘だとわかる)入口を入る。手の消毒と検温を行なっていてコロナ対策も万全だな、などと思いつつ受付へ。「すみません、入校手続きに来たのですが…」

早くても1ヶ月後…だと…!?

受付の人が車かバイクかを聞いてきたので、小型ATのバイクと答えると、「今は大変混んでいて最初に教習で乗れるのが早くても1ヶ月後になりますが、宜しいですか?」と言ってきた。「早くて1ヶ月後…?そんなに混んでるの?」ちょっと動揺した。

頭の中では「そんなに待つなら一発試験受けた方が…いやいやそっちも混んでるかもしれないし落ちてもっと掛かるかも…」などといろんなことを考えたが、他の教習所に行くこともできないので仕方なく受け入れて入校手続きをしてもらうことにした。

最初に申込用紙に記入をして、受付カウンターで説明を受ける。冊子を1ページづつ細かいことまで説明され、結構な時間が掛かった。そして最後にコースの説明。自分で予約を取るコースとプランナーにお任せで予約を取ってもらうコースがあるという。ネットで取れるし自分で予約を取るのでいいかなーと思いそう伝えると、その場合混んでるのでなかなか予約が取れないとのこと。早い者勝ちなので混んでる今はすぐに埋まってしまうらしい。あとはキャンセル待ちもできるが、それも出るか分からない。

課金すれば優先される!?

しかし、オプション料金を払うコースだと、プランナーにお任せで優先的に予約が取れるようになるらしい。自分で予約コースにしても全然教習を受けられないのであれば、必然的にこちらを選ぶしかない。仕方なく1段階と2段階を分けて予約できるTITILコースを選択。本来は+11000円だが、何かのキャンペーンで+5000円で済んだ。

入校に掛かった料金

今回、小型二輪限定AT免許を取得するコース(普通自動車免許あり)の卒業までの分を一括払いの料金は、69,080円(税込)。優先予約のオプション代5,000円をプラスして、ネット申込割引?で数千円割り引いてくれたので、支払合計は7万円ちょっと。教習追加や再試験などがあると更に追加になる。

支払いが終わった後、予約を取ってもらった。都合の良い日時をチェックして受付の人に渡すと、自動的に予約を埋めてくれた。最初の適性検査は1ヶ月後で、技能教習は40日後くらいになっていた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です