カテゴリー
AT小型二輪免許取得への道

8.技能教習 第2段階 2時間目

第2段階になって最初の実車を使っての教習。今回は初めて日中の晴れの日の乗車で楽しみ。

制動の問題を実体験

今回も、まずは教官からバイクの点検をしてウォーミングアップして下さい、と言われる。はい、もうわかってますよ、とバイクを選び、ウインカーとブレーキの点検。大型・中型バイクの後ろに並んでコースの外周をウォーミングアップ走行。

今回は教官とマンツーマンでの教習。第2段階最初の技能教習はやることいっぱいですよ、と言われる。バイクの制動の問題などをシミュレーターではなく実際に体験してみるという内容と説明を受ける。

最初に、何かを目にしてから反応するまでの時間を確認するもの。遠くで教官が左右どちらかの信号を出すので、それに反応して左右に動くという内容。これは特に難しくなくクリア。

次に、車間距離の重要性を確認するもの。教官のバイクの後ろを短い車間距離で走り、教官が急ブレーキをかけるという内容。真後ろを走っていたらぶつかってしまうので、少し横にずれて走る。急ブレーキをかけられた瞬間、車間距離が短いと衝突しちゃうよ、っていう内容。

お次はカーブと速度の関係性。同じカーブを20km/hで曲がるのと、30km/hで曲がることの違いを体感。30km/hではちょっとコースアウトしてしまうが、それでOKとのこと。

検定コースを走る

制動体験が終わり、次は実際に検定コースを走る教習。実際にスタートから終了までを検定と同様に教官が走るので、その後ろを走るという内容。コースはAとBの2パターンあり、まずはAコースから。

スタートしてから右折、交差点、一時停止、クランク、S字、坂道発進、踏み切り、障害物、急制動、平均台(一本橋)と、ひと通り走り、部分部分で問題箇所を指摘してくれた。問題なく走れていると思っていた場所でも、実際は問題があると指摘してくれたのでためになった。

しかし、Aコースを走り終わった所で教習終了の時間に。Bコースは回れなかった。その点はちょっと残念だけど、回る順番が少し違うだけなのでコース図で覚えておくように言われた。今回の実車教習では、検定に向けてちょっと自信がついたような気がした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です